高橋一生の人生を変えたマンガ「寄生獣・ドラゴンボール・ジョジョの奇妙な冒険」

30日、都内でコミックシーモア新CM発表会が行われ、新CMに出演している俳優の高橋一生が出席し、CM撮影やマンガに関するエピソードを語った。

ステージに登場した高橋はCMで「役者人生初めての精霊役をやらせて頂きました、是非多くの皆さんに見ていただけたらなぁと思っております」と挨拶。MCから、気が付いたら精霊の高橋さんが居たら、それだけで癒しなんじゃないですか?の問いに「押しつけがましくなく、ふと気が付いたらそこに居るという存在感を大事にした」とCMでの役について語った。

高橋とマンガとの関係を聞かれ、「そばにいつも寄り添っていてくれた存在だとは思いますね、元気を付けてくれた」と語り、マンガを読みはじめた少年時代から好きな物は変わってなく、「少年ジャンプは大好きだったし、未だにドラゴンボールだったり、ジョジョは好きだ」と明かした。また、少年時代は毎週月曜日にジャンプが早く売っているところへ走って買いに行き、友達と読んだマンガについて話しをしたと少年時代を振り返った。

人生を変えたターニングポイントになったマンガについては「寄生獣、ドラゴンボール、ジョジョの奇妙な冒険」を挙げ「僕にとってはすごく勇気づけてくれた作品だった……今、改めて読んでも哲学的な事がたくさん盛り込まれているし、そういったひとつひとつのマンガが自分の血肉となっているところがあると思います」と、読んだ事が今の俳優人生でも多分に活き、サプリメントのような存在だと話していた。