青山表参道Xの第2回公演で仮面ライダージオウ奥野壮が舞台初挑戦!ライダー先輩・西銘駿のアドバイスは?

7月20日(土)から28日(日)まで東京・品川プリンスホテル「クラブeX」で、オスカープロモーション所属のイケメン俳優やモデルによって結成された「男劇団 青山表参道X」の 第2回公演「ENDLESS REPEATERS-エンドレスリピーターズ-」が上演される。それに先立って18日、同所でゲネプロが行われた。

昨年の第1回公演「SHIRO TORA」に続き2度目公演となる今回は、オーデションで選ばれた15人による3チーム制(RUBY=飯島寛騎、栗山航、小沼将太、立花裕大、SAPPHIRE=西銘駿、塩野瑛久、村上由歩、松本健太、EMERALD=定本楓馬、中村嘉惟人、湯本健一、長田翔恩)。笑いあり、涙あり、歌あり、踊りありの完全オリジナル密室劇には、日替わりゲストとして水江建太、岩田知樹や、現在放送中の「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系)で主役の常磐ソウゴを演じる奥野壮も出演する。

今回が舞台初挑戦だという奥野は「ジオウの最終回の収録もあり、スケジュールはタイトでしたが稽古は楽しかった。緊張しますが、ゲストとして陰で支えていけたら」と意気込んだ。そんな奥野に、2015年放送の「仮面ライダーゴースト」に主演した“ライダー先輩”の西銘は「頑張るのみ!」とアドバイス。「ライダーのつらさも共有できるので」とプレッシャーに押しつぶされそうになったら力になることも約束した。

円形ステージを中央に、客席がぐるりと配置された会場にリーダー・栗山は「360度を生かした公演にしたい。僕たちの魂を込めた舞台に」と意気込む。さらに、「これを成功させないと3回目もないので、しっかり固めていきたい。将来は、チケットの取れない劇団になって地方公演にも行きたい」と目を輝かせた。

■男劇団 青山表参道X公式サイト https://oscar-aox.jp/

関連記事

ページ上部へ戻る