板野友美主演の映画「徐福〜永遠の命を探して〜」全国公開決定

板野友美主演の映画「徐福〜永遠の命を探して〜」(監督・脚本:ヨリコジュン)が7月26日から渋谷ユーロライブ他、全国順次公開が決定した。

本映画は、2300年前に秦始皇帝の命をうけて日本に不老不死の仙薬を探しに来た徐福。そして、それとともに中国の高度な文化をまだ未開の地の住人であった日本人(弥生時代の初期)に教え、日本の文化の礎を作った徐福一行への、日本及び中国の観客の興味を喚起する内容となっている。

徐福の一行の子孫である、福住翔子(板野友美)と中国人留学生 呉明(黄礼格)の徐福探しの旅の途中で生まれる愛情、そして、2人が見つけた徐福が探した不老不死の薬の答えとは・・

主演は板野友美。また、黄礼格、内藤光祐、王班(特別出演 徐福役)、伊藤かずえ、佐藤美希、小波津亜廉、段文凝、王依頼君など両国の豪華俳優が多数出演している。

【映画「徐福〜永遠の命を探して〜」】
日程:2019年7月26日〜 渋谷ユーロライブ他 全国順次公開。
監督・脚本:ヨリコジュン

【出演者 役どころ・プロフィール】

福住翔子役(22):板野友美(いたのともみ)
役どころ:大学生。登山サークルに所属。ナルコレプシーの持病を持つ。幼い頃に父を亡くし、以来祖父である英昭が父代わり。性格はまじめで,決めたことはやり遂げる。祖父英昭の病院で出逢った呉明に心引かれる。明と翻訳アプリで会話。感情豊かで人間味がある。

プロフィール: 1991年7月3日、神奈川県横浜市出身。
2015年12月、AKB48メンバーとして芸能活動を開始。
卒業後はアーティストを中心に活動を続け、近年ではドラマや映画などに出演し、女優へと活動の幅を広げている。

呉明役(21):黄礼格 (コウ レイカク)
役どころ:中国からの留学生。翔子と同じ大学。植物病理学を学ぶ。翔子からは明(アキラ)と呼ばれる。カリスマ性があり誰からも好かれる。進行性癌により医師から余命宣言をされている。興味のあることに対して深い意見を持つ。一般的知識も豊富。病院で出逢った翔子に好意をよせる。翔子と翻訳アプリで会話。

プロフィール:中国で人気急上昇中の俳優・ヒップホップミュージシャン。現在、100万人のフォロワーを持ち、中国全土でコンサートツアーも開催。

蒼井 天星役(21):内藤光祐
役どころ:明と同じ病院の入院患者。明と同室で同じく余命宣言をされている。クールでニヒルな性格。ミステリアスな面も持ち合わせている。天星の壮絶な生き様は明に強力な影響を与える。

プロフィール:2017年に渋谷でスカウトされて芸能界入り。ドラマ、映画を中心に活動。後藤拓斗とお笑いコンビ「ウサギ」としても活動中。今後映画出演も決定しており、注目の現役大学生俳優。

徐福役(40):王班(オウ ハン) 特別出演
役どころ:中国、秦の時代の方士。今から2300年前、秦始皇帝の命で、配下とともに不老不死の仙薬を探し求め日本へ上陸。まだ、文化が発達していなかった日本の弥生式土器時代の住民に、中国の最新の文化や農耕をもたらし、日本の文明の礎を作る。

プロフィール:中国の多くの有名俳優、監督を生み出した中国芸術学院大学卒。数多くの舞台、また、中国中央電視台では多くのレギュラー番組を持ち、中国国民に愛されている存在。劇団四季 中国公演「ハムレット」では主役も務めた。