おぎやはぎ 芸人人生で一番大変なCM撮影秘話を語る

おぎやはぎ

お笑いコンビのおぎやはぎ(小木博明、矢作兼)が5日、都内で行われたマーケティングプラットフォーム「b→dash」の新CM発表会に出席した。

おぎやはぎ

CMでは、芸人になる前はサラリーマンだったというおぎやはぎの2人がデータやテクノロジーに翻弄されて疲弊するサラリーマン役を演じている。

CM撮影を振り返って矢作が「今までの芸人人生で一番大変でした。雨の中ほふく前進するシーンは、生きていてこんなに辛いことはなかったくらいです」と話すと、小木も「その日がめちゃ寒い日で、水を掛けられるシーンは死ぬ直前でした(苦笑)でも苦労した分良い作品が出来ました」と満足気。

小木はサラリーマン時代、取引先の社長から「ハワイで娘に買った靴のサイズが違っていた」と言われ、ハワイまで靴を取り替えに行ったことがあるという。「ビジネスクラスで3日間行って楽しんできました」と思わぬエピソードを披露した。

また、1月末に亡くなっていたことが分かった元フジテレビアナウンサー有賀さつきさんについて矢作は「女子アナブームを作った人。いじっても返してくれてとてもやりやすかったです」と話し、「急すぎてビックリしました」とコメントした。

【動画】囲み取材 おぎやはぎ 「b→dash」新CM発表会 https://youtu.be/1FEw-lICQ98

【動画】おぎやはぎ 2月5日マーケティングプラットフォーム「b→dash」の新CM発表会 https://youtu.be/22Ssa-bsWbw