森山未來出演、King Gnu新曲『泡』MV、3月5日20時YouTubeプレミア公開!

本日3月5日音源の配信がスタートした、King Gnuの新曲「泡」(読み:あぶく)(映画「太陽は動かない」主題歌)のMUSIC VIDEOが完成した。

今作には森山未來が全編にわたり出演。水中・地上で魅せる圧倒的な表現力は、撮影現場でスタッフをも魅了。当たり前だった日常に幸せや懐かしさを感じる、どこか今の世の中にも通ずる何かを感じることのできる作品になっている。

フルサイズのMUSIC VIDEOは本日20時にYouTubeにてプレミア公開。

■タイトル:King Gnu – 泡:
公開日時:2021年3月5日20時
URL ※2021年3月5日AM8時から有効

■映像監督 OSRIN コメント:
“そこにあったものがなくなるって
今でも不思議な感覚で
また触れたいだとか
また会いたいだとかを
まっすぐに映像の中に入れたいと思いました。
表現者として森山さんの繊細な動き、
圧倒的な体力がなければ実現できなかったですね。
是非お楽しみください。”

■森山未來 プロフィール:
1984年、兵庫県出身。幼少時よりジャズダンス、タップダンス、クラシカルバレエ、ストリートダンスなどを学ぶ。
1999年「BOYS TIME」(演出・宮本亜門)で舞台デビューの後、映画、テレビドラマ等、さまざまなキャリアを積んでいく。近年ではダンスパフォーマンス作品にも積極的に参加していて、13年秋より文化庁文化交流使として1年間イスラエルに滞在、インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンスカンパニーを拠点に、ベルギーほかヨーロッパ諸国にて活動。演劇、ダンスなどのカテゴライズに縛られないオンボーダー、ジャンルレスな表現者としての在り方を日々模索中である。

■映画「太陽は動かない」(3月5日公開):
本作「太陽は動かない」は世界を股にかけた壮大なスケールで贈る極限のノンストップ・サスペンス。
「怒り」「悪人」などヒット作を生み出し続ける人気小説家・吉田修一のサスペンス小説「太陽は動かない」が「海猿」シリーズ、「暗殺教室」シリーズなど日本を代表するエンターテイメント超大作を手掛けてきた監督・羽住英一郎によって待望の映画化。世界を股にかけた壮大なスケールと、様々なシチュエーションでのアクションシーンなどから映像化は不可能と言われた巨編を描く。
主演は『22年目の告白-私が殺人犯です-』『カイジ ファイナルゲーム』など数々の強烈なキャラクターを演じ、常に日本映画界のトップを走り続けてきた藤原竜也。共演は、『センセイ君主』「テセウスの船」などで、爽やかなラブコメからシリアスなミステリーまで幅広く役柄を重ね、名実共に若手俳優No.1の呼び声も高い竹内涼真。そして、世界を股にかけたスケールの本作に相応しく、韓国のみならずハリウッド進出も果たした人気女優のハン・ヒョジュ、そして同じく韓国映画・ドラマ界で一躍スターダムに伸し上がってきたピョン・ヨハン、更には邦画界を牽引し続ける名優・佐藤浩市の出演をはじめ、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾ら、豪華競演陣が集結。

■King Gnu リリース情報:
【New Digital Release】
「泡」(読み:あぶく)
映画「太陽は動かない」主題歌
ダウンロード/ストリーミングはコチラから
https://kinggnu.lnk.to/2DiQIh8o 

■King Gnu プロフィール:
東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター常田大希が2015年にSrv.Vinciという名前で活動を開始。その後、メンバーチェンジを経て、常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、新井和輝(Ba.)、井口理(Vo.Key.)の4名体制へ。SXSW2017、Japan Nite US Tour 2017出演後、2017年4月、バンド名をKing Gnuに改名し新たなスタートをきった。
独自のポップセンスと色気が凝縮されたトーキョー・ニュー・ミクスチャーと称されるサウンドはもとより、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL等大型フェスへの出演、盟友クリエイティブレーベル「PERIMETRON」と制作するMV・アートワークで注目を集め、LIVEチケットは毎回即完。音楽・映像・アートワーク、LIVE全ての面において、唯一無二の世界観を築きあげている。
▽King Gnu Official HP:http://kinggnu.jp/