大橋トリオ、上白石萌音参加のデュエット曲「ミルクとシュガー duet with 上白石萌音」MV公開!

2021年3月3日(水)にリリースされる大橋トリオのニューアルバム「NEW WORLD」収録曲より、上白石萌音が参加する楽曲「ミルクとシュガー duet with 上白石萌音」ミュージックビデオが公開された。

■大橋トリオ / 「ミルクとシュガー duet with 上白石萌音」official music video

ミュージックビデオは、実際のヴォーカルのレコーディングに臨む様子を中心にイラストやアートワークで構成された内容となっており、2人の和やかで自然な表情や、音楽に臨む真剣な様子が歌詞を表現したイラストとマッチしているので是非ともチェックしてほしい。

さらに本楽曲は、お互いの声の魅力が詰まった爽快感のあるアップナンバーに仕上がっており、本日よりアルバムから先行配信されている。

■「ミルクとシュガー duet with 上白石萌音」Streaming & Download
https://asab.lnk.to/ohashitrio_milktosugar

また、大橋トリオと上白石萌音のオフィシャルインタビューも公開され、楽曲参加のきっかけやそれぞれのお互いに対する想いなど、2人によるトークは、ファンならずとも必見の内容だ。

●あえて崩すことでいい変化が生まれるんじゃないか(大橋)

──さっきレコーディング中の様子をチラッと拝見しましたが、とっても和気藹々としていましたね。いい雰囲気でした。

大橋 いい子だから。(上白石に向かって)僕、ふだんはこんなじゃないからね。

上白石 あはははは。

──去年のインタビューで話されていた共演が、早くも実現しました。繰り返しになりますが、そもそもの発端までさかのぼって話していただけますか?

大橋 萌音ちゃんのアルバム『note』に参加させていただいたのが最初です。

上白石 わたしがもともと大ファンで、ダメ元でお願いしたんです。

大橋 全然ダメじゃないです(笑)。「Little Birds」という曲を書かせていただいて、レコーディングに立ち会い、「大ファンなんです」という話もしてもらって、すごくいい歌をうたう人だなと思いました。その後、自分のアルバムにお招きする形になったらどういう可能性があるのかな、と考えたんです。楽曲提供だと彼女のスタイルを守った中での作業になるわけですが、自分のほうに来てもらうとそこをあえて崩すことになる。そうなったらすごくいい変化が生まれるんじゃないかな、と。そう考えてオファーをしまして、ドラマ撮影などで本当に多忙な中、なんとか一日こじあけてもらったんです。

上白石 いえいえいえ……恐縮です。

●「おおお、チャレンジだ!」と思いました(上白石)

──上白石さん、今回は崩されたわけですが。

上白石 そういう形になりますね(笑)。曲を聴いたときに「おおお、チャレンジだ!」って思いました。今まで歌う機会のなかった曲調でしたし、雰囲気もそうですし。なんか一個ステップアップというか、新しい歌い方に出合えそうな感じがして、すごくワクワクしましたし、事前にむっちゃ歌い込みました。

大橋 忙しいのにすごくちゃんと予習してきてくれたんですよ。いい子なんです。偉い。

上白石 ファンなので新曲が出るとすぐ覚えちゃうんですけど、その感覚です。新曲をいち早く聴けて「あ、覚えちゃった」みたいな。なので覚えることにまったく苦労はなかったんですけど、「新しい部分をたくさん引き出そうとしてくださってるんだな」って初めて聴いたときに感じました。

大橋 それが伝わってうれしい。

●ひょっとしたらこんな子見たことないかも?(大橋)

──大橋さんは上白石さんの歌のどこが魅力的と思っていますか?

上白石 (インタビュアーに小声で)聞いてくださってありがとうございます。

大橋 (笑)。このキャラクター、人間性が100%出ている歌をうたう人だなって。実際に会ってもイメージまんまだし、なおかつちゃんと技術もある。歌がうまい。ひょっとしたら自分はこんな子見たことないかも? と。

上白石 えぇ……(唖然とした表情)。

大橋 「Little Birds」のときも、本当に忙しいのに一所懸命がんばって取り組んでくれたことが伝わってきましたし、リクエストにもちゃんと応えてくれるし、応えるスピードが速いんです。ボーカリストとしての体力があるなと。歌がうまい人はいるけど、適応できる人って僕はあんまり会ったことがないんですよ。

上白石 いえいえそんな……わたしはこんなふうにいろいろ言ってもらいながら歌える機会ってなかなかないので、今日のことは全部吸収して帰ろうと思います。心のノートに刻みつけて。

大橋 いやいや、間違ったこともたくさん言ってるはずだから。

●大橋さんは他を探しても絶対にいらっしゃらない方(上白石)

──上白石さんは大橋さんの音楽のどういうところがお好きですか?

上白石 まず声が大好きで、曲調も楽器の音もすごく好きで……他を探しても絶対にいらっしゃらない方だなって思います。

大橋 あぁ、うれしい。

上白石 他では見つからないようなあったかさ、おしゃれさ、かっこよさが、大橋さんのアルバムを聴けば全部あるって感じがして、大好きです。こないだライブにご招待いただいて、初めて生で拝見したんですけど、いや~、もう、めちゃめちゃかっこよかったんですよ! 「大橋トリオ ライブ」って書いてありますけど、ミュージシャンの方ひとりひとりがメインキャストっていう感じで、見どころしかないから目が足りなくて(笑)。全員分のカメラがほしい! って思いました。音楽ってこれなんだな、っていうことをすごく感じて。ずーっと聴いていれば耳が幸せでい続けられる確信があります。

──すばらしいコメントですね!

大橋 自分が「こうあったらいいな」と思うことが全部伝わってます。いや、本っ当にうれしい。

(オフィシャル取材・文:高岡洋詞)

■Release Info.:
タイトル:NEW WORLD
発売日:2021年3月3日(水)
ライブ映像ダイジェスト:
https://youtu.be/EQoc6_V1R6Q

CD+Blu-ray Disc (スマプラ対応)
初回生産限定
品番:RZCB-87046/B
価格:5,500円(tax out)

CD+DVD (スマプラ対応)
初回生産限定
品番:RZCB-87045/B
価格:5,500円(tax out)

[CD only (スマプラ対応)]
品番:RZCB-87047
価格:3,000円(tax out)

– CD –
01. ミルクとシュガー duet with 上白石萌音
02. Favorite Rendezvous
03. Butterfly
04. それで良いんじゃない
05. Paradise
06. Rise Above
07. LION
08. 何処かの街の君へ
09. 月の真ん中で

– Blu-ray / DVD –
ohashiTrio HALL TOUR 2020 ~This is music too~ at NHK Hall 2020.11.19
01. LOTUS
02. ポラリス
03. Let us go
04. 夕暮のセレナーデ
05. LIFE
06. 青月浮く海
07. Favorite Rendezvous
08. サリー
09. quiet storm
10. 赤いフィグ
11. PARODY
12. Aliens On Earth
13. はじまりの唄
14. HONEY
15. Happy Trail
16. 何処かの街の君へ

■上白石萌音 プロフィール:
1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。
11年に第7回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞を受賞し、デビュー。
14年、『舞妓はレディ』にて映画初主演を飾り、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞など数々受賞。その他の主な出演作品として、映画『君の名は。』『溺れるナイフ』『ちはやふる』シリーズ『羊と鋼の森』『L♡DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』や、ドラマ『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』、舞台『ナイツ・テイル-騎士物語-』『組曲虐殺』などがある。
2020年は、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』で主演を務め、NHKみんなのうた4~5月放送「夜明けをくちずさめたら」の歌唱を担当。8月に初のオリジナルフルアルバム「note」をリリースし、12月にはそのデラックス盤「note book」も発売。
2021年にはTBS1月期22時火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』ならびに、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』への主演出演も決定している。
▽オフィシャルサイト:https://kamishiraishimone.com/

■大橋トリオ プロフィール:
大橋トリオとして2007年にデビュー、もう一つの顔として、テレビドラマやCM・映画音楽の作家としても活動。
代表作に、映画『余命1ヶ月の花嫁』(09)、『雷桜』(10)、『PとJK』(17)など。
最近では、NHK Eテレ子供向け番組『にゃんぼー』の音楽や、TBS番組『世界遺産』のテーマ曲も担当。
2017年にデビュー10 周年を迎え、2021年3月に通算15枚目となる最新アルバム「NEW WORLD」をリリース。
▽オフィシャルサイト: http://ohashi-trio.com/