MISIA、医療従事者支援のためライヴ開催、JRA新CMソングも初披露!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う大規模イベントの人数制限の緩和が発表された9/19(土)、そして20日(日)の2日間にわたり、MISIAが、東京・国際フォーラムにて医療従事者支援を目的とした限定ライヴ「MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2020~Support for Medical Professionals~」を開催した。

本公演では、新型コロナウィルス感染症に関連した政府要請を受け、通常の公演よりも客席を半分以下に減らすことでソーシャルディスタンスを確保し、入場時の検温、手指消毒など、感染拡大防止の対策を実施したうえで、お客様一人一人に安全・安心な空間をご提供しライヴを楽しみ喜んで頂けるよう、出演者、スタッフ一同、一層の感染予防・拡大防止に努めながら開催され、本公演の収益の一部は、新型コロナウイルスの対応に当たる医療従事者を支援する活動へ寄付されることが発表されていた。

ライヴが始まると、トランペッター黒田卓也を中心としたバンドの重厚で華やかな音が会場に響き渡り、目の前が開けるような感覚が。それは、このコロナ禍の文脈に合わせて表現するならば、ライヴが当たり前に行われていた日々が戻ってきたというよりも、ここからまた新しいエンタテインメントとの日常が始まるんだ、という喜びからくるものだった。

MISIAを中心に全員が真っ白い衣装に身を包んでいるのは、本公演が全国の医療従事者支援のために行われているからで、MISIAは自らを音楽で元気を与える〝ミュージック・ナース〟、そしてバンドメンバーを〝ミュージック・ドクター〟と名付け、会場を盛り上げた。

オープニングのファンクナンバー「CASSA LATTE」の後のMCでは、衣装に合わせてデザインした特製のマスクを外し、「会いたかったよー!」と満面の笑みで挨拶をしたMISIA。ここ東京国際フォーラム ホールAで配信も含めてライヴが行われるのは、実に半年ぶりとなる。「半年前に比べたらずいぶん感染防止対策だったり、システムだったり、私たち自身の体勢だったりも整ってきた部分があるのかなと感じます」と触れていた。

冒頭2曲目には、9/16(水)に配信リリースされたばかりの新曲で、現在JRAの馬術競技応援CMソングとして起用されている「君の背中にはいつも愛がある」を初披露された。MISIA自身の干支でもある”馬”への愛をテーマに書き上げられた楽曲にして、生の音楽を求めていた観客たちへの心に寄り添う、エールにも感じられるようなパフォーマンス。

コロナ渦の中、MISIAは「音楽の灯を消さない」を合言葉に、ライヴハウス支援のために「MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2020」を行ったり、また、自らの寄付により「mudefお弁当プロジェクト」を立ち上げ、新型コロナウイルス感染症治療にあたる医療従事者支援として、都内の病院にお弁当を届けるというプロジェクトを実施するなどできることを最大限やってきた。

新曲『君の背中にはいつも愛がある』の曲紹介の言葉にも、「共に生きる喜びを伝えたくて作りました。喜びも悲しみも分かちあって生きていけたらと思います」と語り、MISIAの思いや活動がギュッと詰まっているように感じられ、伸びやかな歌声とスムースなバンドの演奏が一体となって会場を駆け抜けて行った。

「私たちは今あるものよりも、ないものにすごくパニックしてしまって、いがみあったり責めあったり差別しあったりっていう状況がニュースを見ていると多いように思うんです。でも冷静になって、今私たちが持っているものをフル活用して助け合う社会を今一度構築できないかなって思います」というMCに続け、新型コロナウイルス感染拡大の収束を願って作詞した『さよならも言わないままで』をパフォーマンス。

そして本編後半は『Everything』に続いて『アイノカタチ』を披露。そしてラストは、『あなたにスマイル』で盛り上げた。

アンコールは、博多弁の歌詞がキュートで新鮮な響きを残す最新曲『好いとっと』。言葉と演奏のグルーヴが合わさって会場が一体となる感覚は、やっぱりこれが〝ライヴ〟だよな、と思わせる。

MISIAの意思と想いに貫かれた今回のライヴ、新たなエンタテインメントの始まりとして記憶されるステージだろう。

カメラマンクレジット:Santin Aki

■公演情報:
「MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2020 ~Support for Medical Professionals~」
2020年9月19日(土)・20日(日)東京国際フォーラムホールA
1st show開場15:00/開演16:00 ・ 2nd show開場19:00/開演20:00
セットリスト(9/20公演)
M1.CASSA LATTE
M2.Mercy Mercy Me
M3.君の背中にはいつも愛がある
M4.さよならも言わないままで
M5.明日へ
M6.Everything
M7.アイノカタチ
M8.あなたにスマイル
EN1.好いとっと

■絶賛配信中:
9/16(水)配信シングル2作品同時リリース
「君の背中にはいつも愛がある」
https://va.lnk.to/PV6KWf
「好いとっと」
https://va.lnk.to/LrQJk5

■MISIAプロフィール:
長崎県出身。グローバルな知性を持つ、アジアを代表する歌手。
1998年、デビュー曲「つつみ込むように…」が大ヒット。グルーヴ感抜群の歌唱で、音楽シーンに衝撃を与える。
2000年にはバラード「Everything」がヒットして国民的人気歌手となり、2004年には女性アーティストとして初めて5大ドームツアーを敢行。アジアにも進出して大成功を収めた。
以降、J-POPの枠にとらわれることなくチャレンジを続け、日本にクラブカルチャーを根付かせた。同時に、世界基準のサウンド・クオリティとポピュラリティの両立を果たしている。
ライヴにおいても常にトップ・アーティストであり続け、コンピュータを駆使した大規模なツアーでは斬新な演出の中心となり、楽器の生演奏のみのコンサートではエンターテイナーに徹し、最新のグルーヴを探究するライヴでは超一流ミュージシャンとのセッションを楽しんでいる。
20周年を迎えた2018年は新曲「アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN)」が大ヒットを記録。第60回輝く!日本レコード大賞最優秀歌唱賞の受賞や、第33回日本ゴールドディスク大賞・ベスト5ダウンロードの受賞など、その実力が改めて評価され話題をよんだ。また社会貢献活動にも積極的で、特に子供の教育支援に尽力。音楽に込めるメッセージと、貢献活動が一致していることも特筆される。そのアーティスティックなライフスタイルは、あらゆる世代の男女に強い共感を呼んでいる。

■アリオラジャパン SNS:
Facebook:https://www.facebook.com/ariolajapan 
twitter:https://twitter.com/ariolajapan 
LINE@:http://line.me/ti/p/%40wtd0103n 
Instagram:https://www.instagram.com/ariolajapan/