sequickの新作にベーシストのわかざえもんがフィーチャリングで参加!

日本において数少ないトークボックスの担い手であり、プロデューサー/トラックメイカーとしてメジャーからアンダーグラウンドまで数々の楽曲に参加するsequickが、約半年ぶりとなるシングル「夜行園」を7月1日に配信リリースする。

今作にはベースシストのわかざえもんがフィーチャリングとして参加。

わかざえもんは昨年6月にリリースした「FLEEK」にもベースで参加しいるが、今回はベースはもちろんのこと、サビ部分ではコーラスにも参加。

その艶やかな歌声が、閉園後の遊園地をテーマに男女のやり取りをストレートに表現した楽曲に彩を添えている。

■フィーチャリングアーティスト・わかざえもん プロフィール:
レフティーベーシスト。
17歳よりサポート活動をはじめ、片平里菜/鎖那/スガシカオ/ずっと真夜中でいいのに。/つるの剛士/中川翔子/みみめめMIMI/むらたたむ/HoneyWorks(敬称略)など様々なアーティストのライブやレコーディング、テレビなどでの演奏経験を持つ。
2019年5月にはバンド、マキシマム ザ ホルモンが行った世界初のバンドフランチャイズ化、マキシマム ザ ホルモン2号店、コロナナモレモモのベースに抜擢。SUMMER SONIC 2019など多数のフェスに出演。
また、自身が作詞作曲を行うソロ活動も同年5月より開始。DTMにも力を入れて取り組んでおり、YouTubeなどに載せる演奏動画は全て自身で打ち込んだ音とベースの音で構成される。特徴的なルックス、激しいライブパフォーマンスを武器に精力的に活動中。

■リリース情報:
sequick feat. わかざえもん「夜行園」
7月1日配信リリース
https://lnk.to/sequick-yakouen

sequick Twitter:https://twitter.com/sequick25
わかざえもん Twitter:https://twitter.com/waka_lh