Stray Kids、一夜限りのオンラインパーティーに2万人が参加。TikTokでは新曲の生ダンスを披露

Stray Kids(読み:ストレイキッズ)が今月3日、同日発売のJAPAN 1st Single 『TOP -Japanese ver.-』のリリースを記念して、新型コロナウイルスの影響でお互いに会うことのできないメンバーとファンのためのオンライン企画『Stray Kids『TOP -Japanese ver.-』Release Online Party』を行った。

オンライン企画はTikTok、Instagram、ABEMA、Twitterで開催され、2万人以上が参加し大反響を呼び、まだ正式に実装されていない“TikTok LIVE”では、新曲の生ダンスも披露された。Stray Kidsは韓国のサバイバル・リアリティ番組「Stray Kids」で選抜され、2018年3月にデビューした8人組のボーイズグループ。メンバー自ら作詞・作曲・プロデュースを手がけ、多彩な才能をもったグループとして韓国のみならずアメリカ、アジア、ヨーロッパなど世界で注目されている。

Instagram LIVEでは、『TOP -Japanese ver.-』がオリコンデイリーシングルランキング1位を記録したお祝いのケーキを囲みながら、メンバーらが同日に発売された全5種の『TOP -Japanese ver.-』のCD、カセットテープを開封。続いてABEMAで放送された『【Stray Kids独占コメント】JAPAN 1st Single記念MV特集』では新曲『SLUMP-Japanese ver.-』『TOP -Japanese ver.-』のほか全6曲のMVを放送。MV撮影時の裏話からメンバーのチャームポイントまでメンバー自身が語る。

そして、正式実装前の生配信システムを使った“TikTok LIVE”では、『TOP -Japanese ver.-』の生ダンスを披露。生ダンスの前には念入りにストレッチするシーンや、メンバーそれぞれがカウントを取ったり、メロディーを歌ったり、普段は見ることができないメンバーの素顔が垣間見えるリハーサルの様子も配信された。Stray Kidsはダンス練習風景をYouTube公式アカウントで公開しているが、ストレッチやメンバーらがカウントを取りながらの練習シーンは公開されていないので、今回のTikTok LIVEはかなり貴重な映像になったのではないか。リハーサル後の『TOP -Japanese ver.-』の生ダンスでは、キレのある動きと真剣な表情を見せ、2万人以上の視聴者からは「カッコイイ!」「最高!」「大好き!」などのコメントが殺到。

配信後半では『TOP -Japanese ver.-』のカップリング曲でTVアニメ『神之塔』の主題歌にもなっている『SLUMP -Japanese ver.-』をメンバーが縦一列になり順番に踊る、リレーダンスを見せ、視聴者からの黄色い歓声が上がった。番組の最後にはメンバーからの「また会えるのを楽しみにしています」のコメントに「早く会いたい!」との声が多数寄せられた。

Stray Kidsは8月29日、30日に『Stray Kids World Tour ‘District 9 : Unlock’ in JAPAN』の開催を予定している。2019年に行われた公演ではチケットが即完売するほどの大盛況をおさめたが、今回の配信で新たにファンも増え、今夏のツアーは一層盛り上がるに違いない。Release Online Partyの最後を締めくくったのは、メンバーや新曲『TOP -Japanese ver.-』に関する〇×クイズをStray Kids公式Twitterで出題するクイズ。正解をツイートすると新曲『TOP -Japanese ver.-』MVのメイキングを見ることができるこの企画には1,500人以上が参加した。2時間に渡って行われたオンラインパーティーは日本のみならず、アジアや欧米などのファンも参加しており、Stray Kidsの世界での人気の高さを表していた。今回のオンライン企画をきっかけに一層人気が高まるだろう。

■Stray Kids Official Site
https://www.straykidsjapan.com/