EDMの進化系?チュニキャン振付動画が100万回再生突破で話題に!

首里城再建を支援する応援歌としてChuning Candyがカバーした沖縄の人気曲「ダイナミック琉球」のダンス動画が、YouTubeで100万回再生を突破して話題となっている。沖縄伝統のエイサーを融合させた新機軸のEDM=“エイサー”ダンスミュージックにアレンジされた本作は、沖縄出身で世界的なダンスエンターテイナーとして活躍する仲宗根梨乃が振付監修を務めており、沖縄色満載のダンスをパワフルに踊るメンバー5人の姿に中毒者が続出中だ。SNSなどで踊ってみた動画の投稿が相次ぎ、Spotifyのバイラルチャートにもランクインを果たした。有線J-POPランキングでも4位まで上昇しておりジワジワと楽曲への注目も高まり続けている。

元々は高校野球の応援歌として甲子園でも人気の同曲。音楽プロデューサーの武部聡志氏が監修したブラスバンドのアレンジも加わり、演奏には春夏の甲子園で沖縄代表校を40年近くブラスバンドで友情応援し続けている沖縄出身の羽地靖隆氏が率いる尼崎高校吹奏楽部も参加している。2021年には再び春夏の甲子園が無事に開催され同曲が鳴り響くことを待ちわびたい。

コロナウイルスの影響でミュージックビデオの撮影も延期されており、公開への期待も膨らむばかり。ミュージックビデオは、Chuning Candyリーダー・ソフィーの母校でもあり、昨年野球部が夏の甲子園にも出場した沖縄尚学にて撮影される予定とのこと。「ダイナミック琉球」がますます注目を集めることになりそうだ。

Chuning Candy「ダイナミック琉球」

Chuning Candy (チューニングキャンディー)
<プロフィール>
2013年に沖縄のキャッツアイタレントスクール生で結成。グループ名はキャンディーのように色々な個性を持つメンバーが、一体となって音楽を紡ぎだすことを表した造語である。略して“チュニキャン”。2018年3月にシングル「Dance with me」でメジャーデビューを果たし、日本レコード大賞 新人賞を獲得。TOKYO MX「音ボケPOPS」(毎週土曜21:30)レギュラー出演ほか、ラジオ日本「Chuning Candy Tune Up Party!!」(毎週木曜23:00)、エフエム沖縄「KIREIMO presents 週明け応援Radio Chuning CandyのCheer up!」(毎週日曜19:25)が放送中。

Chuning Candyオフィシャルサイト
http://chunican.com/