オルタナティブHipHopユニットDos Monos、1stアルバム発表後初となるシングルを3/13(金)より配信開始

国内外音楽フェスへの出演や、イギリスのロックバンドblack midiのリミックスを手掛けたことでも話題の2020年最注目HipHopユニットDos Monosが、本日3月13日(金)にシングル「Rojo」の配信を開始した。

荘子it(Trackmaker/Rapper)、TaiTan(Rapper)、没(Rapper/Sampler)からなる3人組HipHopユニットのDos Monos。結成後の2017年には、初の海外ライブをソウルの<Henz Club>で成功させ、その後は『SUMMER SONIC』などにも出演。2018年には、アメリカのレーベル<Deathbomb Arc>との契約、フランスのフェス『La Magnifique Society』、上海のフェス『SH△MP』への出演を果たすなど、シームレスに活動を展開。そして2019年に、満を持して初の音源となる1stアルバム『Dos City』をリリースしている。

その1stアルバム発表後初となる注目の新曲「Rojo」は、トラックメイカーの荘子itならではの、民族的なヴァイオリンをフィーチャーしたオルタナティブなトラックが活きる唯一無二なブーンバップチューンに仕上がっている。

そして、今春には待望のアルバム作品のリリースも決定している。いずれも、R&B・ヒップホップなどのアーバンミュージックジャンルに特化し、ワーナーミュージックのグローバルネットワークからデジタル配信を行うレーベル<+809>から配信される。

【リリース情報】
Dos Monos /Rojo
3月13日(金)0:00より各配信サイトにて配信中

【配信リンク】
https://809.lnk.to/dos-monos_rojo