アニメ芸人×舞台俳優の化学反応「劇団アニメ座ハイブリッド」記者発表会

3月14日、東京・六本木にて『劇団アニメ座ハイブリッド~舞台俳優は伊達じゃない!~』の制作記者会見が行われた。

「劇団アニメ座」はその名の通り、アニメ芸人たちが集まったお笑いユニット。アムロ・レイでおなじみの若井おさむが立ち上げ、2010年から定期的に公演を続けており、シンガポールやタイでの海外公演も行ってきた。そんな「劇団アニメ座」が8年目にして、今回はなんと舞台俳優たちとタッグを組み、4月5~8日で全7公演を展開。アニメ芸人×俳優が織りなす“ハイブリッド”がどうなるのか期待がふくらむ。

それぞれのアニメキャラの格好でずらっと登場した出演者たち。まず、「今回の舞台の見どころは?」という質問に対し、座長の若井おさむは「我々だけでやっているときはみんなあまり稽古が好きじゃないから、流す程度しか合わさなかった(笑)。でも、今回は俳優さんと一緒なので稽古も今まで通りとはいかない。なので、我々も勉強させてもらいたいし、こんな素晴らしい機会を与えてもらえて…『こんなにうれしいことはない』、すいません、これ43話のアムロです」と早速、アムロ・レイのモノマネが飛び出した。

若井は続けて「劇団アニメ座は簡単に言えば、アニメキャラでコメディをやる。失礼かもしれないですけど、吉本新喜劇のアニメキャラバージョン版と思っていただけると。今回、ちゃんとお芝居をされている俳優さんと一緒ですから。我々も崩すところは崩して、芸人も俳優さんもお客さんも含め、会場全体で楽しい舞台ができればいいなと思っています」と意気込みを語った。

次に若手俳優たちへの質問が飛ぶと、それにいち早く「そうですね~」と答えようとしたのが、こりゃめでてーなの伊藤。まわりから「お前は若手俳優じゃないし!」とツッコミが入り、会場は笑いで包まれた。

若手俳優たちは「今までは役作りをして稽古を重ねて、役をかためて本番まで持っていくという作業で舞台をやってきた。今回は先ほどアムロさんがおっしゃってた『崩していく』というのがとても楽しみ。全力でぶつかっていきたい(眞嶋秀斗さん)」、「芸人さんに面白さでは勝てない。僕らは逆に俳優という部分を色濃くしていけば、芸人さんたちとのコントラストも出て面白くなるのかなと思っています(田中稔彦さん)」とそれぞれ熱く意気込みを語る。そんな素晴らしい意気込みを聞いたキャプテン★ザコは「……あんちゃんがた、すごい考えてんだな!」とコメントし笑をとった。

さらに、芸人たちもそれぞれの意気込みを聞かれ、ONE PIECEのルフィに扮した石井は「ケガもなく、無事に公演を終えたい。そして、野郎どもとお酒を飲むのが今から楽しみです」、エヴァンゲリオンのアスカに扮した桜・稲垣は「今回、よしもとの現場と決定的に違うのが、若手俳優さんがたくさん=イケメンが多い! それだけで目の保養です」、声優の野沢雅子さんになりきったアイデンティティ・田島が「やっぱり、むけーさんの書くでーほんが……」と語りはじめると「向さんの書く台本ね! ドラゴンボールの悟空の訛り方で言ってもわからないから(笑)」とまわりにツッコまれていた。

さらに、スラムダンクの安西先生に扮したセブンbyセブンの玉城は「俳優さんとやるのは緊張して僕もどうなるかわからないので、そういうときは僕もいっそ諦めたいと思います」とまさかの試合終了宣言し、まわりから「諦めたらそこで試合終了だろーが!」と総ツッコミを受ける。カイジに扮したこりゃめでてーなの伊藤は「素晴らしい役者の方と一緒にやれるということで、ドキドキしてもう体が…『キンキンに冷えてやがる』」とカイジの名台詞で笑わせた。

最後に座長である若井おさむは「これを機に全員で売れたらいいなと思っています」とまとめると、まわりの芸人も「チャンス、チャンス」と声を上げた。(ジェイタメ編集)

「劇団アニメ座ハイブリッド-舞台俳優は伊達じゃない!-」
【日程】 2018年4月5日(木)〜4月8日(日)、全7公演
【会場】 CBGK シブゲキ!! (東京・渋谷)
【出演者】 若井おさむ、天津 向、石川ことみ(4/5,4/8)、桜 稲垣早希(4/6,4/7,4/8②出演)、R藤本(4/8①は出演無)、キャベツ確認中、こりゃめでてーな 伊藤、セブンbyセブン 玉城、アイデンティティ(4/8①出演)、寿里、田中稔彦、眞嶋秀斗、溝口琢矢

☆日替わりゲスト俳優☆
4/5(木)橋本祥平 <19:00公演>
4/6(金)植田圭輔 <14:00公演のみ出演>
4/6(金)白又敦  <19:00公演のみ出演>
4/7(土)井深克彦 <13:00/17:30公演>
4/8(日)高野洸   <13:00/17:30公演>

関連記事

ページ上部へ戻る