あのアニメのネットスラングの元ネタってなんなの?「おい、デュエルしろよ編」

朝・夕方の子供向けアニメ、深夜アニメ問わずカードゲームを題材とするアニメにおいて、カードゲーム以外でのバトルが発生すると「おい、デュエルしろよ」と書き込む人がいる。これの元ネタは、2008年4月から2011年3月まで放送されたアニメ『遊☆戯☆王ファイブディーズ』における主人公・不動遊星のセリフとなっている。

同作は2000年4月から2004年9月まで放送された、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』から3作目となるシリーズだが、元々同シリーズでは、ゲーム中の口撃が「精神攻撃は基本」と、盤外戦からよく肉弾戦になることからこれを「リアルファイト」と呼ぶなど、ゲーム以外でのバトル要素がネタにあがることが多かった。

さらに、なぜかカードゲームを題材としたアニメは謎の組織の暗躍や、世界を揺るがすカードの存在のため、世界規模の話になることが多い。しかも同作は、これまでのカードゲーム要素に加え、バイクに乗りながら(作中にはバイクに乗らないで、バイクと合体するキャラなどもいるが)する「ライディングデュエル」がメインとなるため、放送開始1話目で遊星が発したこのセリフは非常に使用度の高いものとなっていった。

そして、同作の後に放送されたデュエルモンスターズや、カードファイト!! ヴァンガードシリーズ、WIXOSS(ウィクロス)でも、カードバトル以外での攻防が多発。この状況に「おい、デュエルしろよ」のセリフはカードバトルをしないカードゲームアニメにツッコミを入れる格好のスラングとなった。(斎藤雅道)

*画像 遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【13】のパッケージ

参考サイト http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/yugioh/

関連記事

ページ上部へ戻る