『鬼滅の刃』全国紙全5紙⼣刊に鬼殺隊の⻑の名⾔を使用した完結巻記念全面広告掲載

(C)吾峠呼世晴/集英社

集英社が、「週刊少年ジャンプ」24号(2020年5月18日発売)で最終回を迎えた『鬼滅の刃』(著・吾峠呼世晴)完結巻となる23巻を、12月4日(金)に発売する。そして、これに先駆け、12月3日(木)の全国紙全5紙夕刊(産経新聞は大阪のみ)に「完結巻記念全面広告」を掲載した。この「完結巻記念全面広告」では、鬼殺隊の長・産屋敷耀哉(うぶやしき・かがや)の名言を用いて、作品に込めた想いを表現している。

●掲載日:12月3日(木)付夕刊
●掲載媒体:読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞(大阪のみ)、日本経済新聞
●備考:全5紙、全て1面15段。同一原稿。

『鬼滅の刃』ジャンプコミックス23巻について
2020年12月4日発売
定価:本体 460円+税
新書判/232ページ

■『鬼滅の刃』(きめつのやいば)
あらすじ
時は大正時代・日本。人喰い鬼の棲む世界。炭売りの少年・竈門炭治郎の穏やかな日常は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変。妹の禰豆子(※)は唯一生き残っていたが、鬼になってしまっていた。禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つため、2 人は旅立つ。吾峠呼世晴の放つ和風血風剣戟譚。
■著者プロフィール
○吾峠 呼世晴(ごとうげ・こよはる)
2013年、「週刊少年ジャンプ」の月例賞「第70回 JUMPトレジャー新人漫画賞」にて読切作『過狩り狩り』で佳作を受賞。その後『文殊史郎兄弟』、『肋骨さん』、『蠅庭のジグザグ』といった読切作品を発表後、2016年11号より『鬼滅の刃』の連載を開始。2020年24号にて完結。
※「禰」の偏は「ネ」が正式表記。
※提供画像 (C)吾峠呼世晴/集英社