ポケットモンスター「小学生ジムチャレンジ」が開幕! 全国で熱いポケモンバトルが繰り広げられる

22日、Nintendo Switch用ゲームソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』の「小学生ジムチャレンジ」 が、全国の「ポケモンゲームジム」にて開幕した。

同イベントは、全国の「ポケモンゲームジム」が置かれた各店舗に来店した小学生が対象の対戦イベントとなっている。参加者は、同ゲームの対戦に勝つとスタンプが押される仕組で、期間中に集めたスタンプの数に応じてカードがグレードアップする。

7月には各店のジムリーダーを決める大会「小学生ジムリーダー決定トーナメント」を開催。さらに8月には最強の小学生ジムリーダーを決める「ファイナルトーナメント」の実施が予定されている。

都内のポケモンゲームジムのひとつに定められている日本橋髙島屋 S.C. 「ポケモンセンタートウキョーDX」では、午前11時からイベントを開催した。

最初に規定のスタンプ5個を獲得し、カードのグレードアップを達成したのは、神奈川県から来たという小学4年生の男の子。「今日は勝つもりできました。ジムリーダーも狙います」と自信タップリ。観戦していたお父さんにも話を聞くと「ネット対戦などで、大人とも戦っているみたいですね。今日も息子がこのイベントに行きたいということで来ました」と明かした。

ちなみに父さんの方は、シリーズ第1作目である『ポケットモンスター 赤・緑』を遊んだことがあるそうで、ポケモンシリーズは既に親子2世代で楽しめる作品となっている。

ポケモンセンタートウキョーDXでの対戦イベントは24日まで開催。それ以降は7月の「小学生ジムリーダー決定トーナメント」まで、毎月行われる予定だ。(斎藤雅道)