『World of Warships』と『アズールレーン』が相互のゲームに出撃させるコラボ内容を発表

オンライン海戦ストラテジー『World of Warships』(WoWS)とスマートホンアプリゲーム『アズールレーン』(アズレン)のコラボ企画が21日に都内で発表された。

会場のイベントには声優の井澤美香子、石川由依、堀籠沙耶、WoWSからはプロダクトスペシャリスト畑井翔氏が、アズレンからは株式会社ヨースターの取締役の金傑氏が参加した。コラボでは『World of Warships』に『アズールレーン』からネルソン、フッド、ベルファスト、アドミラル・ヒッパー、アヴローラ、エンタープライズ、クリーブランドの7キャラクターが艦長として参戦。会場では、テストプレイを公開し、WoWS用の新規ボイスも披露された。他にもコラボレーション記念旗(2種類)や特別迷彩も登場する予定で、5月下旬のアップデートにて実装予定とのこと。

アズレンでは、WoWsに登場するサン・ルイ、モナーク、ネプチューン、ローン、伊吹、出雲の6隻の計画艦がキャラクター化されることが発表された。ローン役に佐藤聡美、モナーク役に沢城みゆき、ネプチューン役に井澤とそれぞれの担当声優もスライドで公表、また急遽決定したということでスライドはなかったが、出雲役を上田麗奈が担当することも会場で発表された。イベントに参加していた井澤は自身の担当キャラクターについて「ネプチューンは、見た目はメイドさんで色白で優しい感じかなと思うんですけど、一言で言うと小悪魔。すごく茶目っ気があるけど全くデレない」と明かした。

このコラボキャラクターは早くも今月26日のアップデートで入手できる予定。また、キャンペーン中の限定キャラクターではなくエンドコンテンツとして実装されるそうだ。

また、コラボのきっかけについて、畑井氏はWoWSのスタッフが「『面白い!』とアズレンやっていた」と語り、すぐにコラボの話になった説明。最初は連絡先がわからず、公式の問い合わせフォームから連絡したというエピソードを披露し笑いを誘う場面も。なお、アズレンのスタッフの間でもWoWSが流行っていたそうで、金氏は畑井氏に会って企画書を渡される前から「やりましょう」と乗り気だったそうだ。(雅楽次郎)

関連記事

ページ上部へ戻る